「『!』」

「『コンタクト!!』」

どもShadowm_です。

 

本日はUnityで敵に見つかったかの判定を取れるプログラムをつくりました。

壁の向こうは見えず、判定の距離、範囲を簡単に変えられる優れものです。

分かりやすく言うならば、タイトルや冒頭にもあるメタル○アソリッドを連想してもらえればいいと思います。

Plundererでの敵の索敵行為として使おうかと考えていますが、

場合によっては他のUnityのゲームである怖いのから逃げる一人称視点のゲームや、

現在企画でやっているRPGのシンボルエンカウントなどに応用できそうです。

いやー我ながら便利なものをつくりましたものです。

 

と言ってもソース自体はネットに落ちているものを組み合わせ、少しアレンジを加えたに過ぎないので、

プログラムが本職の方々からすれば大したものではございませんが、、

すこしずつ、自分の将来に繋げられるようにがんばっていきたいものです。